アンチエイジングと肌の3つの鏡

アンチエイジングで一番認知度や興味度が高いのは、お肌に関することです。

お肌(顔やその他の箇所の皮膚)は常に外部環境と接して影響を受けています。

その為、皮膚は環境の鏡であると言えます。

また、外部環境だけでなく内部環境(生命活動)の影響も受けています。

もしも身体内部の生命活動に変調があった場合、肌(皮膚)は色や形状を変えることで内部の変調を知らせて注意を促しています。

このことより、皮膚は内臓の鏡でもあります。

加えて、皮膚の老化には恐怖や悲しみ、精神的な疲労、絶望といった精神的ストレッサーによる身体のストレス状態の発生も関係があります。

身体のストレス状態は内蔵の働きやホルモンの分泌に変調をきたします。

その変調によっても皮膚の健康状態(皮膚病や老化)は変わってきます。

つまり皮膚は心の鏡でもあるのです。

アンチエイジングを考えるときには、この3つの観点から考えなければなりません。

アンチエイジングに大切なことは様々な方面の知識や技術ですが、自分に何が欠けているのか、アンチエイジングに取り組む前に振り返って見ましょう。